トップ

水素水で便秘解消

水素水とはなにか紹介

水素水とはどんな水か

多くの有名人が美容と健康のために取り入れている「水素水」は、若い女性を中心に注目を集めています。その効果に水素水を取り入れたいと考えている人も多いのではないでしょうか。けれども水には、その化学式(H2O)から分かるとおり、既に水素が含まれています。

水素水は通常の水よりも水素を多く含んでいるのです。学術的には「水素豊富水」と呼ばれています。日本分子状水素医学生物学会では、シンポジウムにおいて「水素が0.08ppm以上含まれているもの」を水素水と定義しています。つまり水の100万分の8%以上が水素なのです。

水素には「活性酸素」を除去する効果があります。活性酸素はウイルスや菌を退治してくれる一方で、量が多すぎると細胞を酸化させて体の至るところにダメージを与えます。シミやくすみといった肌の不調だけでなく、疲労やアレルギー、時にはガンや動脈硬化など、あらゆる病気の原因にもなるのです。

活性酸素はビタミンCなど抗酸化作用のある食べ物でも除去できますが、水素には2つのメリットがあります。1つは分子のサイズが小さいため、体の隅々まで行き渡ります。もう1つは、DNAまで傷つける悪性の活性酸素(ヒドロキシラジカル)だけを除去してくれるのです。活性酸素と結びついた水素は水になって体外へ排出されます。

体に取り込む限りでは、水素に有害性や副作用は無く、厚生労働省から食品添加物として認可されています。また、人体への臨床試験も世界各地で行われており、その効果も実証済です。

活性酸素は普通に生活していても必ず作られるものです。けれども近年は、紫外線や食品添加物などの影響、ストレスや不規則な生活などによって、以前よりも増えやすくなりました。水素水なら無味無臭なので、普通の水を飲むのと同じ感覚で簡単に取り入れられるでしょう。

Copyright © 水素水とはなにか紹介. All rights reserved.